スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Musik Freude(ムジーク・フロイデ) vol.2』を終えて 

昨日、杉並公会堂小ホールにて、クラシック音楽イベント『Musik Freude(ムジーク・フロイデ) vol.2』で演奏してきました。

聴きに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。

いつも温かい声援に助けられています。


今回の出演者は、ヴァイオリンの白須今さん(伴奏は野口明生さん)、パーカッションデュオのヒメル(上原なな江さんと石橋知佳さん)、バリトンの岡部敬太郎さん(伴奏は吉田幸央)がでしたが、それぞれの個性を発揮できた演奏会だったのではないか、と思います。

僕にとって、この杉並公会堂小ホールで演奏するのは初めてでした。

そしてこの小ホール…響きがあまり多いホールではなかったためか、個人的には、なかなか慣れるのに苦労しました。

多くのピアニストが、響きの多いホールを好むんですね。

ピアノという楽器は、一度音を出したら、その音は減衰していくのみです。

なので、響きがあるとその減衰があまり目立たなくなり、弾きやすくなるんです。

こんな話を昨日の打ち上げでヒメルの上原なな江さんと話していたら、打楽器にとっては、あまり響きが多すぎるホールはやりにくいそう。

確かに、あまり響きすぎるとリズムがわかりにくくなって、ごちゃごちゃしそうですよね。

楽器によって、合うホール、合わないホール、弾きやすいホール、弾きにくいホールがある、ということです。



それはそうと、昨日の演奏会も楽しい雰囲気で終わって、聴きに来てくれたお客様も満足された様子で安心しました。

次回の『Musik Freude(ムジーク・フロイデ)vol.3』は4月29日(木・祝)です。

バリトンの岡部敬太郎さんとMCの落合隼亮さんと僕で恵比寿のアート・カフェ・フレンズというところでやりますので、良かったら来てくださいね。

ちなみに、このアート・カフェ・フレンズはお食事もできるので、かなりリラックスしながら演奏を聴けると思います。

ではまた
テレビコンサートを終えて | ホーム | 工藤京子さんによるピアノリサイタルのお知らせ

コメント

コメントを投稿する


管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

さちお

名前:吉田幸央(よしださちお)
出身地:横浜
誕生日:6月28日
血液型:B型RH(-)
星座:かに座
趣味:ビリヤード、読書、スポーツ観戦

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学大学院を修了。ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。2009年日本帰国後より、横浜みなとみらい小ホール、仙台・楽楽楽ホール、ケルンBechsteinhausの各地でソロリサイタルを開催。ピアノソロ以外にも室内楽や声楽の伴奏など数多くおこなっている。また姉妹兄弟オペラユニット『Mirrors(ミラーズ)』のメンバーとして活動する一方、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートや被災地での演奏にも参加している。これまでにピアノを片瀬敬子、佐野幸枝、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に師事。

チケット問合せ、演奏や伴奏、レッスンなどの依頼は
pianosachio@yahoo.co.jp
からお願い致します。

Twitterのアカウントはこちら↓↓
http://twitter.com/#!/PianoSachio

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

音楽仲間のウェブサイト

このブログをリンクに追加する
ページトップ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。