スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業試験まであと5日。 

2006年10月に入学してから、約3年が経ちました。

残すところは、あと卒業試験のみ。

そして、その試験まではあと5日となりました。


ピアノに関する卒業試験はこれで3回目になります。

まずは国立音楽大学の学部の卒業試験。

そして、同大学院の修了試験。

そして5日後に迫ったケルン音大の卒業試験。

それぞれ、試験の内容は違いますが、なんといっても、ケルン音大の卒業試験は大変です。



まず、国立音楽大学の学部の時の卒業試験は、自由曲でわずか14分以内でした。

プロコフィエフの「ソナタ第7番の第1、3楽章」を弾きました。

今思えば、なんて短くて楽だったんだろうと思います。

そもそも、国立音楽大学のピアノ科の学生だけで150人ほどいたわけですから、演奏時間が短かったのは当然といえば当然です。

でも、仮にも音大の卒業試験が14分というのはちょっと短いのでは…と今になって思います。

恐らく、日本の音大の中でも短い方でしょう。

今も同じシステムなんでしょうか。ちょっと気になります。



大学院の修了試験は、さすがにもうちょっと長くて、40~50分以内(曲は自由)だった気がします。

メンデルスゾーンの「プレリュードとフーガ第1番」とリストの「ソナタ」を弾きました。

これに論文があったわけで、僕の場合は「メンデルスゾーンとJ.S.バッハの関係~プレリュードとフーガを中心に~」というのを提出したわけです。

論文に関しては、資料も少なかったため、そんなに充実した内容のことは書けなかった記憶があります。

ピアノに関しては、このときの40分でも相当長いと感じました。

しかも、試験3日くらい前に腱鞘炎っぽくなってしまい、残り3日間はピアノの練習をせずに、本番ぶっつけで弾いたんです!

そして、本番中も、手が痛みをこらえられるのか心配しながら演奏…という苦い思い出があります。



そして今回の試験。

5日後に迫ったわけですが、まず試験自体が長いです。

実際の試験は60分なのですが、用意する曲は、僕の場合は約100分。

しかも自由曲ではなくて、課題があるのが面倒なんです。

課題は9曲で、

1.J.S.バッハのフーガの入った曲
2.モーツァルトかハイドンの曲
3.ベートーヴェンの曲(2か3のどちらかにソナタを入れなければならない)
4.ロマン派の曲
5.印象派あるいは後期ロマン派の曲
6.近代の曲
7.ここ30年以内に作られた現代曲
8.ショパンのエチュード
9.ショパン以外のエチュード

という風になっています。

そして実際弾く曲は、

1.J.S.バッハ:平均律第2巻より プレリュードとフーガ 嬰ハ短調
2.モーツァルト:ソナタ第13番 K.333 変ロ長調
3.ベートーヴェン:ソナタ第23番 作品57 へ短調 「熱情」
4.シューマン:幻想曲 作品17 ハ長調
5.ドビュッシー:喜びの島
6.プロコフィエフ:ソナタ第3番 作品28 イ短調
7.ロバノフ:3つのプレリュード
8.ショパン:エチュード Op.25-12 ハ短調
9.スクリャービン:エチュード Op.8-12 嬰ニ短調

そして、試験当日、教授たちから演奏する曲(60分)を指定されるわけです。



この課題は、実はかなり大変です。

全時代の曲を用意しなければなりませんし、曲数も多いです。

なんせ、本番、集中力を保つのが大変です。

またこれだけ曲があると、はっきり言って何を練習していいかわからなくなります(笑)

そして、1日では全曲を練習することできないので、なかなか練習も進みません。

ということで、案の定、練習が間に合っていません、、、

ま、いつものことですが(笑)



無事、卒業できますように…。

卒業試験終了&日本完全帰国 | ホーム | 調布市マザーコーラス交歓会にゲスト出演します

コメント

頑張って下さい。
卒業試験頑張ってください。
応援していますv-411v-254

2009/07/11(土) 06:21:48 | URL | roseです。 #- [Edit]
頑張ります
>Roseさん

ありがとうございます。
悔いのないよう頑張りたいと思います!!


2009/07/11(土) 07:29:55 | URL | さちお #- [Edit]

コメントを投稿する


管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

さちお

名前:吉田幸央(よしださちお)
出身地:横浜
誕生日:6月28日
血液型:B型RH(-)
星座:かに座
趣味:ビリヤード、読書、スポーツ観戦

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学大学院を修了。ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。2009年日本帰国後より、横浜みなとみらい小ホール、仙台・楽楽楽ホール、ケルンBechsteinhausの各地でソロリサイタルを開催。ピアノソロ以外にも室内楽や声楽の伴奏など数多くおこなっている。また姉妹兄弟オペラユニット『Mirrors(ミラーズ)』のメンバーとして活動する一方、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートや被災地での演奏にも参加している。これまでにピアノを片瀬敬子、佐野幸枝、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に師事。

チケット問合せ、演奏や伴奏、レッスンなどの依頼は
pianosachio@yahoo.co.jp
からお願い致します。

Twitterのアカウントはこちら↓↓
http://twitter.com/#!/PianoSachio

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

音楽仲間のウェブサイト

このブログをリンクに追加する
ページトップ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。