スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業試験(室内楽)が終了しました 

昨日、室内楽の卒業試験を受けてきました。

課題は古典派の曲と自由曲が1曲ずつ、合わせて45分というプログラム。

前回の記事の最後にも書いたように、僕はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第4番ハ長調とブラームスのクラリネットトリオの2曲で臨みました。


ベートーヴェンは、中国人のチェロ弾きシャン君とのデュオ。

ブラームスの方は、クラリネットの代わりに用いたヴィオラにはコウイチ君、チェロにはアイキちゃんという日本人トリオでした。



ブラームスの方は、前のゼメスターから3人でしっかりと準備をし、本番も何回も踏んでいたので、少し余裕がありましたが、ベートーヴェンの方は、いろいろな不運な出来事が重なり、直前までパートナー、曲目が決まらない、ということが起きていました。

というのは、もともとベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」を演奏予定だったのですが、パ-トナーの子が、急遽6月2週目にして演奏ができない、ということになったのです。

こっちも慌てて代わりの子を探したのですが、この時期、ちょうど演奏会が入っていたり、同じように試験が入っている人が多くて、パートナーがなかなか見つからず。

そしてついには、この曲を諦め、チェロとの演奏と決まった時点では、既に試験まで2週間をきっているという状態。



そこから、1週間かけて譜読み、そして3回ほどの合わせをして、いざ試験へ。

周りからは、勇気ある、とか、度胸ある、とか言われましたが、ただ、それしか選択肢がなかっただけですし、プロだったら、こういう逆境を越えていかなければならないわけですから。



さすがに余裕がない分、当日の朝は緊張気味。

試験は夕方5時だったのですが、その頃には逆に緊張がほどけてきて、少しリラックス状態。

もはや開き直りですね。



結局、試験はどうだったのか…



とりあえず、無事に終えました…というのが感想です。

結果はまだわからないですし、自分的にも細部をもっと表現したかった、という部分はあります(特にベートーヴェン)。

ベートーヴェンよりブラームスの方が良い演奏できたのですが、これは間違いなく準備期間の差ですね。

メンバーからは、良く弾けていた、のびのびしていた、と言われたので、きっと音楽の流れは失わずに演奏はできていたのだと思います。



この試験を終えて思ったことは、どんなことが起きても大丈夫なように、いつでもしっかりと準備をしておくべきだな、ということです。

当たり前のことなのですが、これを実行するのは簡単なことではありません。

さぁ、次はいよいよ9月に行われるリサイタルです!

またリサイタルの詳細はこのブログでお知らせいたします。

ジョイントリサイタルのお知らせ | ホーム | 友人の卒業演奏会を終えて

コメント

コメントを投稿する


管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

さちお

名前:吉田幸央(よしださちお)
出身地:横浜
誕生日:6月28日
血液型:B型RH(-)
星座:かに座
趣味:ビリヤード、読書、スポーツ観戦

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学大学院を修了。ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。2009年日本帰国後より、横浜みなとみらい小ホール、仙台・楽楽楽ホール、ケルンBechsteinhausの各地でソロリサイタルを開催。ピアノソロ以外にも室内楽や声楽の伴奏など数多くおこなっている。また姉妹兄弟オペラユニット『Mirrors(ミラーズ)』のメンバーとして活動する一方、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートや被災地での演奏にも参加している。これまでにピアノを片瀬敬子、佐野幸枝、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に師事。

チケット問合せ、演奏や伴奏、レッスンなどの依頼は
pianosachio@yahoo.co.jp
からお願い致します。

Twitterのアカウントはこちら↓↓
http://twitter.com/#!/PianoSachio

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

音楽仲間のウェブサイト

このブログをリンクに追加する
ページトップ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。