スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trio de ZUNDA(トリオ・デ・ズンダ)とは 

皆様、こんばんわヽ(^o^)丿

3月20日(火・祝)にTrio de ZUNDAによるトリオコンサートを行いますので、少し詳細を書きたいと思います。


コンサートのお知らせをする時に、このTrio de ZUNDA(トリオ・デ・ズンダ)というグループ名を言うと、

「えっ?ずんだって、あのずんだ餅の?」と聞き返されることがあります。

えぇ、そうですとも!?その「ずんだ餅」を由来としたグループ名なのです!!

このグループの結成秘話は、コンサート中に詳しくお話致しますが、簡単に言うと、メンバーの小田祐子(クラリネット)、熊谷真紀(ヴァイオリン)、吉田幸央(ピアノ)全員が東北に関係しているのです。

さらに正確に言うなら、全員仙台に関係しています。

仙台というと…牛タン、笹かまぼこ、おいしいお米などなど、食べ物しか出てこないメンバーの頭の中で、このずんだ餅の「ズンダ」という言葉の響きにメンバー全員が惹かれてしまったのです。

そしてこのZUNDA(ズンダ)というのは、実はラトビア語で「音」も意味しています。

不思議なもんですよね。



ということで、トリオ・デ・ズンダが結成され、12月から練習を重ねてきて、コンサートまではあと10日ほどとなりました。

前半では、それぞれがソロ演奏を披露し、後半には今回のメインの、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」があります。

ストラヴィンスキーといえば、2,3年前に「シャネル&ストラヴィンスキー」という映画が公開されていましたよね!?

ストラヴィンスキーがシャネルの恋人だったとか…実話かどうかはわかりませんが。

モーツァルトやシューマンよりも現代の作曲家ということもあり、曲は難解にできていますが、なかなかトリオ版で聴く機会も少ないので、是非楽しんでいってもらいたいと思います。

初めて聴く方は驚かれるかもしれませんね。



You Tubeで日本語版を探していたら原曲があったので、アップしておきますね。

僕達はこの曲を朗読なしで3人で演奏いたします。聴いてみて下さい。





トリオ・デ・ズンダ チラシ表!
トリオ・デ・ズンダ チラシ

【日時】 2012年3月20日(火・祝) 13時半開演(13時開場)
【場所】 仙川アヴェニューホール(京王線『仙川駅』より徒歩3分)
【料金】 3,000円(一般) 1,000円(学生)
【出演者】 小田 祐子(クラリネット) 熊谷 真紀(ヴァイオリン) 吉田 幸央(ピアノ)
【演奏曲目】 ショパン:バラード第1番 ヴィドール:序奏とロンド サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン ストラヴィンスキー:組曲『兵士の物語』 ほか



よろしかったら聴きにいらして下さい~(*^_^*)

それではヽ(^o^)丿

Auf Wiedersehen!!


トリオ・デ・ズンダ コンサートを終えて | ホーム | チャリティー・ガラ・コンサートVol.2 を終えて

コメント

コメントを投稿する


管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

さちお

名前:吉田幸央(よしださちお)
出身地:横浜
誕生日:6月28日
血液型:B型RH(-)
星座:かに座
趣味:ビリヤード、読書、スポーツ観戦

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学大学院を修了。ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。2009年日本帰国後より、横浜みなとみらい小ホール、仙台・楽楽楽ホール、ケルンBechsteinhausの各地でソロリサイタルを開催。ピアノソロ以外にも室内楽や声楽の伴奏など数多くおこなっている。また姉妹兄弟オペラユニット『Mirrors(ミラーズ)』のメンバーとして活動する一方、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートや被災地での演奏にも参加している。これまでにピアノを片瀬敬子、佐野幸枝、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に師事。

チケット問合せ、演奏や伴奏、レッスンなどの依頼は
pianosachio@yahoo.co.jp
からお願い致します。

Twitterのアカウントはこちら↓↓
http://twitter.com/#!/PianoSachio

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

音楽仲間のウェブサイト

このブログをリンクに追加する
ページトップ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。