スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災 

大震災が起きてから、1日半が経とうとしています。

徐々に明らかになる各市町村の被害状況。

目を覆いたくなるようなテレビの映像に愕然としました。


3月11日2時46分。

僕はその時、最寄り駅から電車でひとつ隣の駅で合唱の伴奏をしていました。

60名ほどの合唱団で、ちょうど男性パートの音取りをしている時でした。

「先生、揺れてます。地震です。」

このような感じで少し様子を見たら、どんどん揺れが激しくなっていきました。

今まで経験したことのない、大きな揺れ。

まるで、船の上にいるかのようにグラグラとしていて、「これはやばい!」と直感的に感じました。

と、思った瞬間!

電気が全て消えて、停電状態に!

そして指揮者の先生が来て、「とにかく外に出て」とおっしゃったのを合図に、団員と共に外に一時的に避難。

しかし、揺れはなかなか収まらずに、さらに大きくグラグラと揺れる。

団員の方たちと、震源地は遠いだろうけどかなり大きな地震ですね、というような話をしていると、少しずつ揺れも落ち着いてきた感じ。

完全に揺れが収まったのは、最初の揺れを感じてから3~4分だろうか。

こんなに長く、大きく揺れた地震は初めてで、こんなに恐怖を感じた地震ももちろん初めてでした。



そして、どこが震源地かわからなかったので、すぐに携帯のワンセグで地震情報をチェック。

すると、「震源地は宮城県北部で震度7」という文字が!!!

宮城県で震度7って…。

実は、僕の両親は宮城県出身なので多くの親戚は仙台市内や近郊に住んでいて、また今年94歳になった祖父も仙台市内に一人で暮らしているのです。

すぐさま、祖父の家に電話かけるも、電話はつながらず…。

そして、自分の父や母に電話も全く繋がらず。

合唱の練習はすぐに中止となり、電車が動いているかどうかチェックに行くと、駅には人がたくさんいて、街の電気が完全にストップしているのを知り、これは大変なことになったな、と。

そしてその間にも、大きな余震が結構続く。

最初の地震発生から30分後くらいに、またかなり大きな地震が…あとからテレビで知ると、震源地が茨城の方だったんですね。

これもかなり揺れて、三半規管がかなりおかしくなってきてました。



そして、家まで歩いても20分ちょっとくらいのところだったので、とりあえず家に帰宅して、家族と連絡を待つことに。

すると、自宅から歩いて5分くらいのとこまでは停電状態だったのですが、運良く自宅の電気はいつも通り。

家の中も、思ったよりひどくなく、ほとんど損害はなし。

そして、帰宅してから仙台の方や他の家族に電話するも、やはり繋がらず。

メールを打っても返って来ない…。



そんなこんなでしばらくすると、父から電話、母や兄からメールが届くが、やはり祖父とは繋がらない。

テレビの情報だと仙台市内でも海側でない方はあまり話題になっていないので、きっとそんなに被害もなく、多分一時的に避難しているだけだろう、と信じ家でひたすら連絡を待つことに。

そして、地震発生から6時間くらい経ってから、ようやく母と電話が繋がり、直後に、母が祖父の介護施設の方と連絡が取れて、無事だということを確認。

この点では、本当に安心しました。



そして、その日はひたすらぼ~っとテレビを見えていると、徐々に明るみに出てくる被害状況。

「各町で津波の被害(映像付き)」

「仙台市若林区で200~300の遺体発見」

「気仙沼で大火災」

などなど、恐ろしい映像が飛び込んでくる。



そして夜が明けると…



状況はさらに深刻に…。

街を津波の映像。

完全に壊滅状態の街。

増え続ける死者・行方不明の数。

現実とは思いたくないほど、恐ろしい状況。

地震×津波=地獄

というのを初めて知った。



まだまだ生き埋めになっている人、孤立している人、避難している人、たくさんいるのに、何もできない無力さ。

何もできないけれど、一刻も早く、一人でも多くの方が救われることを、心から祈りたいと思います。
首都圏、混乱中! | ホーム | 「いつまでも学生王子」公開リハーサルを終えて

コメント

コメントを投稿する


管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

さちお

名前:吉田幸央(よしださちお)
出身地:横浜
誕生日:6月28日
血液型:B型RH(-)
星座:かに座
趣味:ビリヤード、読書、スポーツ観戦

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学大学院を修了。ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。2009年日本帰国後より、横浜みなとみらい小ホール、仙台・楽楽楽ホール、ケルンBechsteinhausの各地でソロリサイタルを開催。ピアノソロ以外にも室内楽や声楽の伴奏など数多くおこなっている。また姉妹兄弟オペラユニット『Mirrors(ミラーズ)』のメンバーとして活動する一方、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートや被災地での演奏にも参加している。これまでにピアノを片瀬敬子、佐野幸枝、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に師事。

チケット問合せ、演奏や伴奏、レッスンなどの依頼は
pianosachio@yahoo.co.jp
からお願い致します。

Twitterのアカウントはこちら↓↓
http://twitter.com/#!/PianoSachio

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

音楽仲間のウェブサイト

このブログをリンクに追加する
ページトップ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。